wolf

実録・スズメバチに刺された!! その対処法とは!? その2

投稿日: カテゴリー

「池に入って患部をよく揉め」正しい処置だったのか?

佐渡市消防本部のホームページに応急手当として以下の手順が紹介されています。

1.刺されたらその現場からすぐ数十メートル離れる。(巣から離れる)
2.刺された傷口を流水でよく洗い流す。ハチの針が残っている場合は、指でつまんで毒液を再注入しないようにそっと抜く。
3.爪などで傷口周囲を圧迫し、毒液をしぼり出す。(ハチ毒は水に溶けやすいので、傷口から毒液をしぼり出すように、もみながら流水にさらすと効果的)
4.抗ヒスタミン剤を含むステロイド軟膏などがあれば塗布する。
5.濡れたタオル等で冷やし、安静にする。

決してキレイとは言えない水であったにせよ「池に入って患部をよく揉め、揉みしだけ」を含めたその手順は、緊急的な応急処置としてはほぼ完璧であったように思います。

ちなみに「ハチに刺されたらおしっこをかける」というおばあちゃんの知恵袋的な話を聞いたことがある人も多いと思いますが、全くのウソ。都市伝説です。
「おしっこに含まれるアンモニア(アルカリ成分)が毒を中和させる」ということらしいのですが、ハチの毒はアミノ酸を基にした化合物、つまりは複合的なタンパク毒なので中和などとは関係のない話であり、そもそもの話、おしっこにはアンモニア成分は含まれていません。(長時間放置すると尿素がアンモニアに変化します。)
緊急避難として皆で患部に小便を掛け続けながら「よく揉んで」ということなら有効かも・・?

2度目が危険 – アナフィラキシー・ショック

「普通は」数カ所刺されたくらいでは、痛くて腫れはするもののどうということはありません。
「大抵は」痛みは数時間~1日程度、腫れ等の症状も数日で無くなります。

怖いのは、【海水浴】クラゲに刺された!! どうする!? その1でも述べたように、アナフィラキシー・ショックです。

アナフィラキシー・ショックは、体が毒に対処しようと過剰に反応している状態です。一般に刺されて数分から15分くらいで発症し、その程度は人によって違いますが全身性じんましん・下痢・くしゃみ・咳・意識朦朧・ショック症状・呼吸困難・嘔吐・脱力感・血圧低下等の症状がでます。

ハチ刺傷による死亡の大部分はこのアナフィラキシー・ショックによるもので、アレルギー反応は毒の注入量に関わらず起こります。

通常、アナフィラキシー反応は数分~10数分以内に現れますが、遅延反応(2~14日後)もありますので油断は禁物です。

ただ一度刺されてハチ毒の抗体を持つ人の割合は、8~10%(100人に8~10人)くらいで、生命に関わるような全身症状が出現する人は2%ほどらしく、同じアレルギー反応である食物アレルギーでも同様にアナフィラキシー・ショックを起こすことを考えても、殊更スズメバチに刺された場合だけを考えすぎ心配しすぎる必要もないとも言えます。

どうしても心配な方は医療機関でアレルギー検査を受けることが出来ます。
基本的に保険適用で3割負担、4~8千円ほどというのが一般的な料金のようです。

その他さらに詳しく知りたい方は「ファイザー アナフィラキシーってなあに.jp」へ。

実録・スズメバチに刺された!! その対処法とは!? その1

実録・スズメバチに刺された!! その対処法とは!? その3

実録・スズメバチに刺された!! その対処法とは!? その4

 

関連記事:

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です