wolf

実録・スズメバチに刺された!! その対処法とは!? その3

スズメバチの襲撃への予防策と対処とは?

まずは一般的なものを簡単にまとめておきます。

遭遇しないために・・

●白色・明るい色の帽子や衣服を着る
●長袖や長ズボン等、肌を露出を控える
●整髪料、香水、化粧品を付けない

遭遇してしまったら・・

●身を低くする
●巣には近づかない
●そっと後ろに下がりながらその場を離れる
●手で払うなど、相手を興奮させる行動は厳禁

以上です。



スズメバチは黒色・暗い色を目印に攻撃すると言われています。
実際の被害者の体験談としても、良く聞く話です。
その理由として、天敵であるクマが黒いことから本能として攻撃目標として組み込まれているというのが一般的なようです。

更に掘って調べてみると、昆虫の眼は色を識別するほどに精巧なものではなく、黒色は熱を吸収し放出しやすい色、その対象物が移動していることで敵と認識しているともあります。

“真実”はどうあれ、実際に襲われた人の体験談やTV番組の実験映像からも、確かに「黒」がヤバいのは”事実”なようです。
が、ならば、全身白色の状態でスズメバチに攻撃を仕掛けても、まるで透明人間であるかのように一切スルーされて被害は一切ないのか? についての実験は見たことがありません。というか、ふつーに考えて「刺されるでしょ・・」と思います。

例えばスズメバチ駆除の状況でよく見る服装。その中でも「白色まみれ」の意味においても完璧と思われるのがこちら

ですがよく読んでみると、「刺さりにくい」「貫通しにくい」とあり、「万が一にも刺された場合に備えて」ともあります。
ここまでしても完璧な防御は難しいということに触れている点、非常に良心的なショップだと思います。

どういう状況か、敢えて自ら完全防御でスズメバチに立ち向かいたいのならば、もうこれしかないでしょう。

apollo-flag



ハチたちはフェロモンで会話(情報交換)しているそうで、玉川大学農学部助教授の小野正人さんがオオスズメバチの「警報フェロモン」を突き止めることに成功した旨、科学雑誌「Nature」に発表されています。

アルコールの一種が「警報フェロモン」として使われていることが分かったそうで、もしも整髪料、香水、化粧品に含まれていたとしたら・・?
ハチたちを刺激して当然です。
加えて、毒液中より検出された別のアルコールとエステルとの組み合わせにより、更に効果が強まるようです。

現状、整髪料、香水、化粧品に限らず洗剤や柔軟剤、また、食料品、飲料水、多岐に渡って非常に多くの成分を含んだ無数の商品が販売されています。
どの製品にどのようなものが含まれていて、それらをどう組み合わせるとどうなるのか? は分かっていません。(というか、調べようがないようです)

「他人の敷地内で刺激するような変なニオイを発するな」

これに尽きます。

実録・スズメバチに刺された!! その対処法とは!? その1

実録・スズメバチに刺された!! その対処法とは!? その2

実録・スズメバチに刺された!! その対処法とは!? その4



 

関連記事:

Share on Facebook
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です