wolf

実録・スズメバチに刺された!! その対処法とは!? その4

投稿日: カテゴリー

スズメバチは集団を作って生活し、その中に女王バチや働きバチなどのような階層を備えている社会性昆虫です。ミツバチ、アシナガバチ、シロアリなどもそうです。
襲う際には集団で敵に当たります。

まず出会ってしまった場合、数匹が身の回りを飛び始めるはずです。その際、「カチカチ」という警戒音を発しながら。
この段階では刺してはきません。でも、きっと近くに巣はあります。「近づくな・・」ってことなんだなというくらい分かります。

子供の頃、前述の通り個人的にはあまりにも身近で必要以上に怖がったこともないので素直に「了解・・」ってことで退いていただけだったのですが、これもまた対処としては良かったようです。

ここで恐怖に駆られて叩き落とすというような過激な行動に出ると、一気に攻撃モードに切り替えて刺してきて毒液を放出、この「警戒ホルモン」を受け取った仲間に一斉に襲われるというパターンのようです。



姿勢を低くすればハチの眼は地表近くの低い位置は見えないので蜂の視界から逃げられる可能性が高くなる

というネット上の本当かウソか良く分からない情報。

しゃがんで身を低くし、動かない方が良いと思います

ともありましたが、一体そこからどうするの? (笑)

襲われてないならそのまんますんなり、後ずさりしてその場を離れればよろしい。
どうせならスズメバチも“攻撃”というようなムダな体力を使うようなことをしたくないのですから大丈夫。

でも、何らかの理由で一度刺されたら全力で逃げましょう。スクランブル発進が掛かった大部隊に襲われるようですので。
(前述の友人がスズメバチの襲撃を受けた時がこの状態。今思えばあんな奇妙な踊りを舞いながらドタバタ走り回っておいて、よくもまあ刺されたのが1カ所で済んだもんだ)



その他、「襲撃は直線的なので急激に方向を転換するという動作も有効」というのもあります。

虫除けスプレーは効きません。(その対象としてハチは入っていません)

口で毒を吸い出してはいけません。(虫歯を含めて口内に傷があると、そこから毒が流入します)

巣に近づくのは基本的に危険です。(子供の頃、何度も間近に見ているので「本当にそうなのかなぁ?」とは思うものの、【キャンプ】ある日森の中クマさんに出会った!! どうする!? の「子グマには絶対に近づかない」には共通しています)

正直、昔からスズメバチの攻撃は怖くなかったし、今も特に怖くはありません。何故なら「突如」が感じられませんので。前もって教えてくれるんですから。
その点で言うなら当時、マムシの攻撃の方がよほど脅威でした。
コイツらの攻撃はまさに何の前触れも無く「突如」でしたからね。
(これに噛まれた友人のエピソードもありますので、今後記事にまとめるかもしれません)

実録・スズメバチに刺された!! その対処法とは!? その1

実録・スズメバチに刺された!! その対処法とは!? その2

実録・スズメバチに刺された!! その対処法とは!? その3



 

関連記事:

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です