wolf

【新型コロナ】COVID-19(新型コロナウイルス) 一体、何が怖いの??【COVID-19】

投稿日: カテゴリー

いよいよ盛り上がって参りましたね、 「新型コロナウイルス(COVID-19)」

2020年2月6日、ダイアモンド・プリンセス号が横浜大黒ふ頭に着岸した当時、私は職場の同僚にこう発言していました。

終わりの始まりが来たね‥と。

これが現状の発端ということではなく、あくまでも象徴的な出来事として。

でもま、やっぱりその通りになってしまいましたが‥当たり前ながら。

ウィルス感染が恐い?? どうして???

マスゴミどものテレビでの街角インタビューを見ていると、みんな「感染が怖い」とクチにしていますよね?

ここで疑問。

「感染の結果、何が怖いのか?」

1・感染すること自体が怖い

2・感染して重症化するのが怖い

3・感染して重症化して死ぬのが怖い

4・感染して他人にうつすのが怖い

これらを全く明確にしないままの垂れ流しの「情報提供」・・

「漠然とした不安」としての「怖い」という感情、精神衛生的においても非常に宜しくない。
しかしながら、一般大衆のこの部分を突っついて煽り、不安をかきたてなければ視聴率に繋がらないと考えるのがマスゴミども

みなさん、一旦 落ち着いて考えてみましょ?

貴方は??

一体、何が怖いの???

 

私ですか・・?

・・怖くないw

何をどう気を付けていたって死ぬ時は死ぬし、日常、いくら気を遣ってようが他人に迷惑を掛けてしまっているのが社会生活というものだし。

とはいえ、私、ちゃんと基本的な うがい・手洗い・咳エチケット等の感染防止対策をはじめ、三密 ( 密閉・密集・密接)の回避やら、接触機会の8割減についても意識し、実行しておりますので‥。<(_ _)>

自粛要請から外れていることを良いことに、近所のスーパーにレジャー感覚で家族みんなを引き連れて買い物に出掛けるようなアホどもではありませんので、私。

———————————————–

しかしながら、まあ敢えていうなら世間の目」「周りの評価」「うわさ話」といったところが一番怖い‥かな?

感染防止が完ぺきでプロであるはずの医療従事者が次々をクラスター感染(集団感染)を起こしてしまっている現状、ただの一般人でしかない私なんぞは「新型コロナウイルス(COVID-19)」に罹るのは時間の問題なんだろうな?? との覚悟は持ってます。
(いわば、かつての『 召集令状 = 赤紙 』みたいな感覚‥??)

で、罹ってしまった以上、「軽症」で済むのか「中等症」「重症」「死亡」にまで進んでしまうのか?? については、もはや神の領域の話(無神論者ながら‥(^~^;) )で、
ニンゲンごとき私個人が日々あれこれ悩み、考えていても仕方ないこと。

加えて、雇われ人として外部に職を持ち、また通常の社会生活を営んでいる以上、他人との関係を一切断つことは不可能。
うがい・手洗い・咳エチケット等の感染防止対策、三密 ( 密閉・密集・密接)の回避、接触機会の8割減 等を意識・実行しているからこそきっと、自分がいつ・どこで感染し、いったい誰に感染させてしまったのか分からない、いわゆる「感染経路不明に分類されるんだろうな、と思ってます。

が、もしも (きっと近い将来訪れるであろう?) こうなってしまった場合、

悪者扱い” ・ “バイ菌扱い”、何よりここから派生しての“話のネタ扱い”にされるのが一番怖い‥。
というか、もの凄く辛い‥。(そもそもニンゲン嫌いの私にとっては‥コワイ..(*T∇T*))

「軽症」という言葉のカラクリ

「軽症」の患者というワードをマスゴミどものニュース等で耳にしますよね?
「自宅待機」だとか「ホテル送り」だとか。

傷病者の重症度は「軽症、中等症、重症、死亡」の4つに分類されます。
(参照:救急搬送における重症度・緊急度判断基準作成委員会 報告書)

中等症」とは?

今回のコロナウィルス(COVID-19)禍の現状、中等症」とは何かご存じですか?

「人工呼吸器」装着の状態です。

患者さん「肺」による自発呼吸を後押しするもの。

重症」とは?

では、重症」の状態とは如何なるモノなのか‥?

「人工肺(ECMO)」装着、です。
患者さんの「肺」による自発呼吸を諦め、その代わりとして機械を導入

(マスゴミどもは適当に「人工心肺装置」などとウソ情報を垂れ流してますが、ECMOは、extracorporeal membrane oxygenation「体外式膜型人工肺、あくまでも「肺」に特化した医療機器です。お間違えなく‥)

軽症」とは?

となると、「軽症」とは何なんだ ?!
気になりません‥??

貴方は新型コロナウイルス(COVID-19)に感染しました。
そして、例えば、以下のような症状が出ます。

39度台の発熱が何日も続き‥ヒトにのしかかれるような強いだるさを感じて身を起こしてもいられず‥ただ息をするにも苦しく‥割れるように頭が痛いし、激しい下痢‥何とか食事を口にしても味もニオイも感じない‥

こんな症状に見舞われても、貴方はあくまでも軽症」です。

中等症」にレベルアップするためには、「人工呼吸器」装着が必須です。

一方で‥無症状か‥?
熱も出ないし、咳もなし。
ぜんぜん元気ピンピンなんだけど、ただ味覚・嗅覚異常が‥?
って場合、「PCR検査」を受けたらやっぱり「陽性」だったって。
これも当然ながら軽症」扱いです。

この軽症」って扱い、何かおかしくね‥?

「PCR検査」よりも「抗体検査」を!!

「PCR とは、「Polymerase Chain Reaction =(ポリメラーゼ連鎖反応)」の略で、
遺伝子増幅技術の代表的なもの。

酵素(DNAポリメラーゼ)の働きを利用しながら3段階の温度変化のサイクルを繰り返し、DNAのコピーを指数関数的(連鎖的)に増幅することで、ほんのわずかなDNAサンプルからその詳細を判定・研究するのに十分な量にまでDNAを増幅することが可能となります。

その増えたDNAを染める事で目で確認することが出来るようになり、その中に増やしたい遺伝子があれば「陽性」、なければ遺伝子は増えないので目視できず「陰性」となる‥ってことです、大体は。

それはともかく‥。

日本では「PCR検査」が受けられないという問題‥。

●中国‥1日あたり2万人を検査する能力があるとか。

●韓国‥1日に平均およそ1万2000件の検査を行っているとか。

●イタリア‥1日あたりの検査数は1万件を超えているそうで。

我が国、日本、どうしてなの??

あらかじめ言っときますが、マスゴミどもが大好きな、視聴率目当てで連日行われている不安を煽るだけの情報 =「本日の感染者数の数」。

もちろん、これからもドンドン増えていきますよ? 今後も。

こんなどうでもイイ情報に振り回されて我を失い、右往左往を繰り返し‥って‥。
ダメでしょ‥。

医療崩壊

厚生労働省、現在の日本国内の「PCR検査」の検査能力は1日 約9000件
しかしながら、最大でも3800件程度だそうで。(2020年4月4日時点)

2020年3月6日からは公的保険が適用、民間でも検査ができるようになった「PCR検査」なのに‥。

何故なんでしょ‥?

もちろん皆さん、お分かりですよね?

もしも毎年のインフルエンザのように、誰も彼もの検査を受け入れていたら‥。

「新型コロナウイルス(COVID-19)」感染が「陽性」となるヒトたちが膨大‥。

そのまま自宅待機をお願いして放置するわけにもいかず‥病院で隔離することになり‥。同様の事例が次々と‥結果、病床が満杯となり‥医療崩壊。

実際、保健所の職員の「告白」がありました。
病院送りだらけとなるのを恐れて、より厳しく対応していた、と。

しかも加えて、上記の「PCR検査」の確度は50%くらいらしくて。

つまりは、「陽性」なのに「陽性」でないと診断、逆に「陽性」でないのに「陽性」であると診断される場合があるということ。

また実際、「陽性」と判断され入院となったものの、検査段階のミスで実は「陰性」であったことが判明。
その入院期間中、ホントに「陽性」の患者さんとの相部屋に入れられたという事件も起こってます。

「結局、私‥「新型コロナウイルス(COVID-19)」に感染してるの?してないの??」

‥こんな「当たり外れのくじ引き」みたいな検査を繰り返してるんじゃなくてさ‥

「抗体検査」でしょ!!?

抗体検査とは?

簡単に言うと、「新型コロナウイルス(COVID-19)」に感染し、症状も発現したけれどもそれに打ち勝ち、以前のように復活したヒト、その免疫力は大したもの。

免疫とは、細菌やウイルスから自身を守っている防御システム

「抗体」とは、体内に侵入した異物(抗原)を除去する物質」のことです。

我々の身体、異物」が体内に入り込むと、自然とその排除に働きます。
我々の身体、どんな異物」が侵入しようとも、それらを追っ払う「抗体」を作ることができるのです。

異物」vs「抗体」

ここに援軍が登場します。

貪作用(貪食作用)を持った 好中球、好酸球、単球、マクロファージ、未熟樹状細胞 !!

菌やウィルス、その他の固形物を取り込むという能力を持っているのです !!

以上‥お分かりですね?

 

「抗体」があるということは、すでに感染」したということです。

「新型コロナウイルス(COVID-19)」に。

なのに復活した!!
復活できた!!!
どうして???

ということに加え、少なくとも、このヒト、すでに「抗体」を持ち合わせている最強のヒト
免疫としては完ペキなヒトなんだから、自分自身が「同じウィルスには」伝染ることはないし、他人に伝染す心配もないわけで。

自粛なんかする必要も無し!!
居酒屋、ライブハウス、パチンコ屋?
とにかくガンガン表に出て行って経済を回してくれ??

実際、イギリスにおいては、医療関係者にこの「抗体検査」を積極的に行っているそうで?
つまり、「抗体」を持ち合わせている「最強で完ペキなヒト = 医師・ナース」を戦闘の最前線である「陽性患者」の治療・看護に向かわせ、そうでない者は後方部隊に配置し、支援させるという戦略。
素晴らしい‥。

いずれにせよ、我が国日本の「感染してる? してない??」にばっか拘ってる連日のマスゴミどもの報道の無益さ‥ 。
このことに我々国民たちがいち早く気付くことこそが最優先であり、最重要だわなー‥と思う今日この頃‥。

【ナゾ】累積されていくだけの感染者情報

連日のマスゴミどもによる、視聴率目当ての、不安を煽るだけの効果しかない
「本日の感染者数」「今現在の感染者数」の報道について。

ふと、思った。

ニッポンにおいて感染者が増え続けてるってこと、これは事実。
しかしながら、「新型コロナウイルス(COVID-19)」に打ち勝った人たちがいるのも事実。直近、イギリス首相・ボリス・ジョンソンのように。

ならば本来、マスゴミどもが発表する「今現在の感染者数」にはマイナスの値が加味されて然るべきでは??

何故ドンドン、増え続けていくばかりなの‥?

要するに、あくまでもマスゴミども「感染者数の”累計”」を毎日垂れ流しているだけで、よって、これがニッポンの「感染者数の”合計”」と世界に発信してしまっているのではないのかな? と。

ホントの「今現在の感染者数」ってのは??

いったい何人いるの??

ってか、「本日の退院者数」を報道したりすると、平和ボケのアホ日本人どもはきっと‥という配慮からなのかな‥?

このへん、どうなの ? マスゴミさん ??

【ナゾ】院内感染について !!!  その 1

東京で言うと台東区の「永寿総合病院」、2020年4月11日で160人超、

中野区の「中野江古田病院」、2020年4月12日で合計計92人のメガクラスターが発生。
(なぜ “大規模集団感染” と言わないのか?? 同様にクラスター“集団感染”でいいじゃん?)

さて、それはともかく、その感染は今言われている3つの感染経路のどれで起こったのでしょうか??

接触感染

感染者(感染源)に直接に接触、目や口などの粘膜を通して感染する。

例えば、感染者がセキクシャミをして手で押さえ、その後そのまんまの手で身の周りの手すりやドアノブなどに触れるとウィルスはそこに付着します。

そのような箇所に触れた貴方の手にもウィルスが付着します。
そして、そのまんまの手で貴方の目や口、鼻に触れたりすると‥という流れ。

だからこそ、咳エチケットが大事という話。
(特に上記リンク先の3番目「上着の内側や袖(そで)で覆う」がまさに現実的で重要!!
個人的なお話。大昔の子供の頃から「セキクシャミを手で押さえるなんて‥きちゃない‥」という本能的な情動から常にこれをしてきてたので「今更感」の対処法ながらも。この事態に及んで周りを観察していたところ、これをしてるヒトって‥私の周りには ほぼ皆無ですな‥ビックリした)

飛沫感染

セキクシャミで飛び散ったしぶき(飛沫)を吸い込むことによって感染する

感染者のセキクシャミによって飛び散った飛沫(しぶき。要するにハナミズ・ツバ・タン)、ここには当然ながらウイルが含まれているわけで。

このハナミズ・ツバ直接吸い込むことによって生じる感染経路のこと。

マヂカ!!! ヽ(*Д´*)ノ  グワァァァッ!!

エアロゾル感染

エアロゾル(aerosol)とは、セキクシャミの飛沫によりも更に小さい、気体中に浮遊する微小な液体または固体の粒子粒子のこと。

その特徴としては、

飛沫とは違ってすぐに落ちることはない

水分を含んでいるため長距離を移動せず、同じ空間に一定期漂い続ける

です。

ただし、この用語は専門的なものではありません。

専門用語としては、あくまでも基本として

接触(経口)感染

飛沫感染

空気感染

媒介物感染

この4つの平感染です。

(※ 垂直感染  → ウィルスが親から直接、その子供、孫に伝播される感染の様式のこと。
胎盤を通じて、あるいは産道・母乳など、胎児に感染することで、一般的に言うところの
「母子感染」のこと。 )

【ナゾ】院内感染について !!!  その 2

さて‥。

日本全国、厳戒態勢の中、メガクラスターを起こしてしまった上記「永寿総合病院」・「中野江古田病院」3つの感染経路のうち、どこにつまづきがあったんでしょうか‥?

病院なんですから、「手洗い・うがい・消毒」は当然中の当然。(のはず?)

なのに、院内感染って‥。

我々、素人、一般人にとっては、その理由、全く分かりませんよね‥?

というか、

我々、素人、一般人にとっては、もう対処しようがないじゃん‥?

という不安を逆手にとっての‥マスゴミどもの連日の‥

「おいおい‥プロ集団がメガクラスターだぜ!!??ww」

という視聴率目当ての不安を煽りまくるだけのクソ報道を知るに‥
" もはや絶望‥"との感を抱いているヒトも多いんじゃない‥?

ここで予想。

この" もはや絶望‥"の果てに‥自殺者が出る。
この究極の選択の事象においては"連鎖"ってのが通例‥でね?

この予想‥危惧‥外れろ!?

マスゴミども‥もう‥ホント、クソ。

それはともかく、プロ集団の医療関係者なんだから「手洗い・うがい・消毒」は当然ながら励行されていたはずなのに‥???

もしかして‥??

最悪のシナリオ‥。

まさか‥ね‥。

空気感染

空気感染とはウイルス水分を伴わない状態で空気中を漂う微細な粒子を吸い込むことによる感染のこと。

上記、「飛沫感染」・「エアロゾル感染」水分を含んでいるためその分の重みで通常は、ハナミズ・ツバ・タンとして体外に排出されるとすぐ、内部に含まれているウイルスと一緒に下に落ちます。

この距離が ~2メートルで、これが世間で言われている社会的距離 (ソーシャル・ディスタンス (Social distance) )です。

(※脱線。ちなみにですが、正しくは
「ソーシャル・ディスタンシング(Social distancing) です。

「感染拡大を防ぐために物理的な距離をとること」
と定義されている感染予防の戦略としての言葉。
一方、ソーシャル・ディスタンス (Social distance) 感染においてではなく、ヒトの心理的な距離の話になります。これって実は差別の問題にも繋がっていて‥。

これに関しては例えば、大昔1999年の「シックス・センス」っていう映画、ご存じですか?
オカルトの話の「第6感」、幽霊がテーマの映画です。
邦題だと「シックス・センス = 6個の感覚」なってしまいますけど、
原題では「シックス"ス"・センス = 6番目の感覚」です。
つまり、ヒトや動物が外界を感知するため持っている感覚機能のうちの5感「視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚」に次ぐ「第6感」。
日本人、一般的に「シックスス・センス」・「ソーシャル・ディスタンシング」って‥。
ピンとこないよねー。良く分かる‥。
興味のあるヒトは実際、トランプ大統領等、ネイティブの発音をよーく聞いてみて。)

コロナウィルス L型」・「S型」はどうなった??

2020年3月6日(4日までに?)中国の研究チームが、「新型コロナウイルス(COVID-19)」に2種類のタイプがあることが分かったと発表しました。よね??

これが、「L型」・「S型」。

その違いを調べてみたいと思ったんだけど‥

L 型(重症タイプ = 新しいタイプ)

・感染者の約70%

・感染力が強い

・武漢で爆発的流行が起きた時期に多く確認され、1月初旬以降は減少

S 型(軽症タイプ = 古いタイプ)

・感染者の約30%

・コウモリから検出されたコロナウイルスに遺伝子的に近いことから、古い型とみられる

------------------------------------

何だこれ‥?
調べても、調べても‥こんな程度のクソ情報しか出てこず‥(*T∇T*)

「L」の意味は?? 「S」 って何だ???

マスゴミどもよ!! 伝えてくれ~!!!

こんな状況、いい加減、まともな仕事をしてみろよ!! 

そんなだから、ますますTV離れが進むんだよ‥??? ┐('~;)┌ヤレヤレ 

という流れ中、「自粛」して自宅で酒喰らっている状況‥。

あきらめ、もはや寝てしまおうとしていたところ‥何やら‥。

「中国の内外で解読された103例のウイルスのリボ核酸を解析し、遺伝子を構成する塩基配列の違いから、7割を占めるL型と3割のS型に分類した」

との記事には辿り着き‥。

リボ核酸‥塩基配列の違いで7:3‥。

なるほど‥。

で‥?

何故に「L」「S」 なの???

マスゴミどもこそ “接触機会8割減” が可能だろ!!

「テレ朝」「報道ステーション」「富川アナ」のせいで「ロックダウン」

この情報を受けて早朝から「テレ朝」を見てみたら、状況は違ってたけど普通に番組は続けてる‥。

他チャンネルも同様、「なんだかんだ配慮してますよ」ってことで、通常の放送。

各局マスゴミのMCども!! まずはオマエらがテレワークしろ!!?? 」

オマエらは普段通りに出社‥なのに、よくもまあ“接触機会8割減”とか抜かせるな??」

「すべてをネットで繋いで、自宅からのニュース配信にしろ‥?」

出社するのは残り“接触機会2割”のスタッフどもで充分‥だろ‥??

この時代なんだから‥この方式、可能絶対に。

ホントにやる気があるんなら、だけど? w

これに伴う「放送事故」なんかを含めた不具合などへの危惧は一切不要。

むしろ、マスゴミ業界において「歴史に残る放送」となると思うぞ??

 

つづく‥

関連記事:

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です