wolf

「何で生きてるんだろう‥??」《「自殺願望」と「希死念慮」》

「私って‥何で生きてるの‥??」

「生きていること」に対して感じている、

虚無感、無常感、不信感、失望感、喪失感、徒労感、絶望感、無力感、脱力感、虚脱感、疎外感、孤立感、孤独感、寂寥感、違和感、嫌悪感、罪悪感、圧迫感、重圧感、威圧感、閉塞感、不安感、恐怖感‥などなど。(他にもあるかな?)

日常生活、アナタもあれこれ、息苦しいですか‥??

なんやかんやと、毎日、生きづらいですか‥‥???

「自殺願望」と「希死念慮」

「自殺願望」。

「自殺」=「自らを殺すこと」、「願望」=「 願い望むこと」。

「希死念慮」(きしねんりょ:Suicidal Ideation /sùːəsáidl ɑɪdiéɪʃən/)

「希死」=「死を「希望」すること」、「念慮」=「あれこれと思いめぐらすこと」。

(「自殺念慮」とも 。後述。)

「願望」と「希望」の違い

「願望」は「あれをこうしたい」という具体的な強い願い。

「希望」は「こうあったらなぁ」という期待を抱く心。

よって、“究極の逃避”である<死>への“ヤバさ”でいうと、当然ながら、

「自殺願望」 > 「希死念慮」

です。

「希死念慮」について掘り下げてみる

この「希死念慮」という言葉、ご存じでしたか??

希死念慮」というのは、前述の通り、

漠然とながらも「死を希望する」こと

です。

しかしながら、その強弱の程度においては幅が広く、例えば、

「生きててもしょうがない」

「このまま永遠に眠り続けたい」

「この世から消え失せてしまいたい」

「死んじゃえば楽になれるだろう」

「死にたい」

などの「なんとなくの<死>」という「軽い」感じから、

「ここから落っこちたら死ねるかも」

「事故にでも遭って死んでしまいたいね」

「いっそのこと誰か殺してくれないかな」

などの「より具体的な<死>」という「重い」感じまであります。

「消極的希死念慮」と「積極的希死念慮」

「希死念慮」「ハミルトンうつ病評価尺度」から、「消極的」「積極的」に分けられます。

「消極的希死念慮」(=「希死念慮」)

上記、「なんとなくの<死>」のイメージを抱く「軽い」感覚のもの。

「積極的希死念慮」(=「自殺念慮」)

上記の、「より具体的な<死>」のイメージを抱く「重い」感覚のもの。


現時点においての結論。

“究極の逃避”である<死>への“ヤバさ”でいうと、

「積極的希死念慮」 > 「消極的希死念慮」

となります。

ここまでを整理しておくと、

「自殺願望」>「積極的希死念慮」 > 「消極的希死念慮」

です。

「自殺願望」

実際に「己の手によって自らの人生を終わらせたい」と願うこと。

こんな記事を読んでいるヒトたちでしたら、あれこれと書かずとも、一般常識としても、既にきっとご存じのことでしょうから、特に触れませんw

ラスボス出現‥「自殺企図」

自殺企図(じさつきと)

自殺をくわだてること。自殺しようとすること。自殺をくわだてつつ実際の行為まで至らない場合は自殺念慮(希死念慮)と呼ばれる。

(参照 : Weblio辞書)

「企図」。

企(くわだ)てて、図(はか)る。

「目的・目標の実現に向けての、あれこれの工夫・計画・目論見のこと」です。

要するに、上記の「積極的希死念慮」からの発展で「自殺願望」を経ての

「何月何日、こういう手段で、こういうモノを用意して‥‥」

のように、更なる具体性をもって「自殺の方法」を考えることです。

「自殺企図」と「未遂(みすい)」・「完遂(かんすい)」

「自殺企図」にまで進むとホントに「自殺行動」に出るリスクが高まります。

で、その結果、

「自殺未遂」実際に「自殺行動」に出たが、「死」に至らず、「失敗した」

「自殺完遂」実際に「自殺行動」に出て、「死」に至り、「成功した」

です。

具体例として「飛び降り自殺」で説明しておきます。

「積極的希死念慮」「ここから飛び降りて死にたいな‥」

「自殺企図」「あれこれ障壁が多すぎ‥これをクリアするには‥」

「自殺未遂」「失敗しちゃった‥w」

「自殺完遂」「大成功!!」(??)

まとめ : 自殺志願者による「自殺行動」の見極め

「自殺志願者」「自殺行動」への、その「ヤバさ」の見極めについての表。

「ヤバさ」 (軽→重) 「死にたい」感
消極的希死念慮 「なんとなくの<死>」のイメージを抱く
積極的希死念慮(自殺念慮) 「より具体的な<死>」のイメージを抱く
自殺願望 「実際に自らの手による死」願う
自殺企図 「実際に自殺の方法」考える
結果 自殺未遂 「自殺行動」に出たが「死」に至らず、「失敗」
自殺完遂 「自殺行動」に出て「死」に至り、「成功」

今現在、アナタはどこにいますか??

自殺は悪いことなんだろうか?

アナタは今なぜ「死にたい」と思ってるんですか?

「死ねば楽になる」

ってのが理由ですか?

世間一般、ありきたりのw

でもそれって実は、受け続けている日々の苦痛、絶望感の果てに頭が狂っちゃって、単に楽して「究極の逃げ」である「死」を選択してるだけですよ??

もしもアナタが、

「この世でやりたいことも、すべきことも全部済ませた」

「充分に幸せだった」

「心からこの人生に満足している」

「生まれ変わっても同じ人生を選びたい」

「なので、そろそろ、死にたい」

というほどの【超ポジティブで前向きな「死」】を願っているのだとすれば、もはや「それでも生きろ!」などという軽々しい言葉は誰にも吐けないでしょう。

個人的に、ここまでの「悟りの境地」に至ったのならば「己の人生、自らの手をもって幕を閉じる」という選択も大いに有りだと思うし。

「生きる」ってのと「生きながらえる」は全然違うもんね。

そもそもニンゲンなんて、どうせ独りぼっちで生まれてきて、独りぼっちで死んでいく」だけの「孤独な存在」なんだから、ということを大前提として。

で?? アナタはどうなの??

そのアナタの今の「自殺したい」という思い・願い、上記の「超ポジティブで前向きな死」なんでしょうか??

それとも、アナタが「正解」としている「自殺の理由」ってのは全くの別物とか??

それって、あくまでも「狂った頭」がはじき出したものではない「正常な判断」としての「死」の選択だと言い切れますか???
(なにそれ‥??  σ(´、丶) ?? ちょっと教えて‥??? 死ぬ前に)

とりま、単に「究極の逃げ」としての「死」じゃないってことだけは、おk ???


というような質問に対して、少しでも疑問符がついたアナタ。

その「死」「不純」ですw

やっぱりそれは「究極の逃げ」ww

なぜなら、本来の目的は、

<苦難に満ちあふれた現実社会からの脱出>

でしょ??

なのに、単に数ある「逃げ」の方法の選択肢の中の一つ、一番楽で簡単な「死」。

これを安直に選んでるってだけの話でしょw そんなモンww

‥‥‥。

ってまあ‥。

その「死」の選択‥。

アナタの狂った頭」による判断結果に過ぎず‥。

ホントのアナタには罪はないというかなんというか‥。

視野狭窄(しやきょうさく)

「見えている範囲が狭くなっていく状態のこと」です。


(画像出典 : 横須賀中央眼科)

目の病気。

実際の病名では「網膜色素変性」「緑内障」「網膜剝離」あたり。

徐々に視野が冒され、どんどんと見える範囲が狭まり、ついにはある一点しかみえなくなってきて‥。


「狂った頭」のせいで、これまで見えていたはずのいくつもの選択肢がドンドン消失最終的に残ったのが「死」。

と考えるに、「自殺願望」ってのも「治療」は可能だわな、たぶん。

「病気」なんだから。

でもまあ、「自殺希望者」本人が自ら積極的に動いて「治療」なんて流れ、まずありえないからなぁ?? ww

となると、やっぱり周りのヒトたちの協力が必要となってくるわけで。

もしもアナタが死んだ時、

必ず泣かせてしまうヒト。

たぶん泣いてくれるだろうヒト。

もしかして泣いてくれるかも?というくらいのヒト。

アナタの周りにも、ひとりくらい、いませんか??

これらのヒトたちに試しにいっぺん「ホントの自分」ってのを晒(さら)してみません??

人生最期の思い出ってことでw

どうせ死ぬんでしょ?

だったら少々の面倒とか、その結果を想像したりとか、どーでもイイじゃんw

もしかしたらさ、ドンと背中を押してくれるかもしれないよ??ww

ん‥?? 周りにそんなヒトはいない‥‥???

ひとりも???  ホントに???

ならもーイイわw  好きにすれば??w

ただ、「腐敗」「回収」等々、アナタ「自殺」の結果生まれるモノ(ただの物体)=「遺体」ってのは、何かとあれこれ「他人に迷惑を掛ける」ことになるってことだけはお忘れなく、ね。

ちゅーか、ま‥実際ホント、他人のことなんか知ったこっちゃねーw ┐(‘~`;)┌ヤレヤレ

(あ、だったらさ、「今だけ楽しければイイや」っていう「刹那主義」ってのもありかもよ?? w
参考過去記事 : 「刹那主義・虚無主義・無政府主義‥自己否定の極み」)

関連記事:

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です