wolf

きな臭くなってきたアメリカ‥「KKK」と「オルタナ右翼」

今どき「KKK」という言葉がTVのニュースで事件として流れることになろうとは思ってもいませんでした。

もしもトランプ政権の誕生以前、「現在「KKK」ってどうなってると思う?」といきなり質問されたならば、“もしかして消滅‥??”と逆質問の形で答えていたと思います。

たぶん未だに存在はしているんだろうけど、もはや映画の中にしか見られない過去の産物(組織)扱いとなっていました、自分の中では。

なのに昨今のアメリカ発のニュースを見ると‥。

「KKK」といい、“北の国から”のグアムへのミサイル発射とかいうブラフといい、何やらきな臭くなってきましたね‥。

「KKK」とは?

「KKK」とは、「クー・クラックス・クラン」(Ku Klux Klan)、白人至上主義を掲げるアメリカの秘密結社です。


(画像出典 : Wikipedia)

正確には北方人種を至上とし(ノルディック・イデオロギーという)、主に黒人、アジア人、近年においてはヒスパニックなどの他の人種の市民権に対し異を唱え、同様に、カトリックや、同性愛者の権利運動やフェミニズムなどに対しても反対の立場を取っている。
マニフェスト・デスティニーを掲げ、プロテスタントのアングロ・サクソン人(WASP)などの北方系の白人のみがアダムの子孫であり、唯一魂を持つ、神による選ばれし民として、他の人種から優先され隔離されるべきである、と主張する。
(中略)
白装束で頭部全体を覆う三角白頭巾を被りつつデモ活動を行う集団として世間で認知されている。(by wiki)

「KKK」のメンバーだった政治家の一人に、

原爆投下によって、戦争を早く終わらせ、100万人のアメリカ兵の生命が救われた」

という「原爆神話 」(by ヘンリー・スティムソン) で高評価を得ているトルーマン大統領がいます。
(参考 : Ku Klux Klan members in United States politics )

「相手が同じ白人国家のドイツだったら、決断出来なかったと思う」

だとかなんとか。(出処不明)

興味のある方は、「原爆投下に対するアメリカ側からの批判のコメント」もどうぞ‥。

「KKK」が登場する映画

「百聞は一見にしかず」。

ざっとまとめました。

(↑ ↑注 : 「VHS」です↑ ↑)

「オルタナ右翼」とは?

「オルタナ右翼」(=「オルト・ライト( alt-right)」とは、アメリカに出現した、従来の主流の保守主義とは違った代替案(オルタナティブ=alternative)を主張する右翼思想、 及びそれらの考えを持った人たち(alt-righter)のことを言います。

ネット発の右翼(right-wing)で、比較的若い白人男性(平均年齢は30~40歳とも)が多く、「SNSやブログなどでの情報発信」「掲示板での書き込み」「各種ウェブサイトのコメント欄への投稿」等が主な活動とされています。

簡単に分かり易くいうと、アメリカ版の「ネトウヨ」です。

ネトウヨ「ネット」「右翼」を合わせた造語。「ネット右翼」。2ちゃんねるなどの掲示板やブログ、チャットなどのネット上で、右翼的な言動を展開する者たちのこと 。

公式のイデオロギーがあるわけではなく、一般には「白人ナショナリズム」「白人至上主義」「反ユダヤ主義」「反フェミニズム」「反政府主義」「反多文化主義」「排外主義」「右翼ポピュリズム」「レイシズム」「ミソジニー」等々が挙げられています。

フェミニズム‥性差別を廃止して女性を解放、その権利を拡張しようとする思想・運動 などの総称。

ポピュリズム‥「大衆迎合(扇動)主義」「人民主義」。「ナショナリズム(国民主義 )」に対する用語。政治に関して理性的に判断を下す知的な者たちよりも、一般大衆、己の利益や権利、願望、不安、恐れなど、情緒や感情によって態度を決める者たちを利用し、その支持のもとに体制側や知識人などに立ち向かおうとする政治思想・政治姿勢のこと。

レイシズム‥「人種(差別)主義」。人種間において根本的な優劣の差異があるとする、人種差別を正当化する思想。この思想を持った者が「レイシスト」
典型例としては第二次世界大戦下でのナチによるユダヤ人迫害。

ミソジニー‥女性や女らしさに対する嫌悪や蔑視のこと。 「女嫌い」「女性嫌悪」「女性蔑視」。
(参考 : 「ママに同じこと言えます??」 若い女性がネットで接するミソジニーについての漫画と、その反響

彼ら「オルタナ右翼」ドナルド・トランプ大統領」の強固なる支持基板の一つとなっています。
(ただしトランプ本人は「私が活気づけたい集団ではない」と発言、「オルタナ右翼」には否定的。)

「オルタナ右翼」をより深く知るためには、その代表的な論客の一人であり「alt-right」という語を考案したとされる「リチャード・スペンサー(Richard B. Spencer)」でググってみると良いと思います。

その中から象徴的な理解しやすいおすすめサイトを1つご紹介‥。

「オルタナ右翼」とは何か 知的エリート風の白人たちが放つヘイトの恐怖


“北の国から”の新たなメッセージ、「愚かな米国の行動をもう少し見守る」。

つまり吉本新喜劇、「今日はこれくらいにしといたろ」(by 池乃めだか ) 。

2017年8月15日、ここぞとばかりに今度はイランまで「トランプ劇場」に参加してきました。

“イラン大統領、核合意破棄も辞さず 米制裁強化をけん制”

イランのハッサン・ロウハニ大統領は15日、米国が制裁の強化を続けるのであれば、核開発計画を再開する考えを示した。欧米など6カ国と結んだ合意を破棄する用意があることを直接的に警告した格好だ。

ロウハニ氏は具体的にどうなれば2015年の核合意から離脱するつもりか明らかにしなかったものの、核開発に再び着手すると決めれば迅速に動けると説明した。

「イランは確実に、交渉開始前より大幅に進んだ状態へ短期間で戻れる。何週間や何カ月の単位ではなく、何日や何時間の単位で」と述べた。(The Wall Street Journal 日本版)

どうにもきな臭くなってきましたね‥。

アメリカのみならず世界中が‥。

関連記事:

Share on Facebook
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です