wolf

時代劇「市中引き回しの上、打ち首獄門」江戸時代の”死刑”の内容がエグイ‥

投稿日: カテゴリー

hikimasshi

よく「遠山の金さん」や「大岡越前」といったテレビの時代劇を見ていると、今でいうところの裁判所、お裁きの場であるお白州での最終判決は大体これ。

「市中引き回しの上、打ち首、獄門に処す」

そして、正義の味方のお奉行様も被害者もみんな笑顔、みたいな。

でも実際の話、どんな刑罰なのかご存じですか?

「見せしめのパレードの後、首を落とし、それを展示する」

こういう判決のあとに、みなさん揃って笑顔というわけです。

現在の日本での最高の刑罰は「死刑」

その手段は「絞首刑」と定められています。

今でこそ、刑法があって弁護士がいて裁判所のもとでと、犯罪者どもにとっては至れり尽くせりのような状況ですが、江戸時代の初期までは刑罰に関する目安が確立されておらず、裁く人物や地域性、取り巻く環境等々によって、刑罰の重さが異なっていました。

1747年(寛保2年)、8代将軍・徳川吉宗の下で作成された「公事方御定書(くじかたおさだめがき、くじがたおさだめがき)」という幕府による特に犯罪と裁判に関しての「刑法」が仮完成されて刑罰の公平性がようやく確立されました。

‥かのように思えるものの‥

実は、これを見ることができたのは三奉行(寺社奉行・勘定奉行・町奉行)と京都所司代、大坂城代のみという秘密法典であり、制定はされたものの、公布はされませんでした。

どうして秘密にしたのか?

「御触書」などで、どのような行為が犯罪になるのか? その刑罰は? についても一般に知らせているし、「捨て札(処刑執行の際に罪人の氏名・年齢・罪状などを記して街頭に立てた高札)を立てていたことからも、刑罰の種類やその執行方法までも一般に告知されていたはずなのに?

その理由として通常いわれているのが「犯罪と刑罰の関係を知られると、それを計算したうえで犯罪を行う者が出てくるため」

だから、公表せずに秘密とした、と。

まあ、そうですね‥。
今の世の中においても「未成年だから」と計算尽くのうえで、敢えて凶悪犯罪にまで及ぶバカどもが多数湧き出していますから‥。

この幕府の中枢以外は閲覧できなかった「公事方御定書」ですが、秘密とはいえ実際に運用されているわけですし、その後多くの役人によって写本が作られることとなります。

「公事方御定書」は上巻・下巻の2巻。上巻は司法警察関係の基本法令81通、下巻は旧来の判例に基づいた刑事法令などを収録したもので、特に「御定書百箇条(おさだめがきひゃっかじょう)」と呼ばれています。

手書きによる写本での誤写が問題となる中で、御法度中の御法度である「御定書」の内容が掲載された「青標紙(あおびょうし)」が出版されました。
が、禁書となりただちに絶版。
(当然ながら密かに流通し、役人間では重宝されましたが)

これらの流れを受けて今の最高裁判所である幕府の評定所は、信頼できる写本作成の必要性に迫られたため、その校正本として「棠蔭秘鑑( とういんひかん)」を作成します。全4冊。

江戸時代の死刑の種類

切腹

武士にだけ許されていた刑罰。「切腹を許す」と表現されていたことからも、身分の高い武士ならば自らを裁く能力があるだろうと考えられており、これが認められていました。
正式な切腹の方法はエグイのでここでは割愛しますが、ざっくり言うと武士が脇刺しの刃を自分の腹部に突き立てて、その後に介錯人が大刀で首をはねるというものです。

下手人(げしゅにん・げしにん)

現在ではドラマなどで「犯罪者」「殺人犯」の意味で用いられていますが、江戸時代の一般庶民に対して執行された6種類の死刑の中で最も軽い刑罰が「下手人」です。

首を切り落とされるだけ。非公開。他に付加的な刑罰は科されません。牢の中で刀でばっさりと首を切断です。
遺族等、引取り人が申し出があれば、処刑後の死骸の引き渡しや葬式を行い埋葬するという弔う事も許されていました。
刀剣の試し斬り等に使用することは認められていませんでした。

死罪

首を切り落とされるだけ。非公開。付加刑として家屋敷・家財などの財産が没収されます。
死骸の埋葬や弔いも許されませんでした。
死体は刀剣の試し斬りに使用されます

加えて、ここから以上の死刑では「市中引き回し」(後述)というオプションの刑が付加される場合も。

獄門

上記の【死罪】にプラスして、斬首した首を3日間、晒します。
いわゆる「さらし首」です。
財産は没収、埋葬などの弔い行為も禁止です。

獄門台
首を晒す台を獄門台といい、高さ6尺(下部を土に埋めるので実際には4尺 (1.2m))の台に五寸釘を二本下から打ち、ここに首を差し込んで周りを粘土で固める。夜は首が盗まれたり野犬の類が持っていかないよう桶を被せ、非人数名が火を焚いて寝ずの番をした。獄門台の横には罪状を書いた捨札(すてふだ)が立てられた。
(Wikipedia)

刑場は小塚原鈴ヶ森

火罪(かざい)

放火犯に対して行われた刑で公開処刑としての火あぶり刑。ヨーロッパの魔女裁判での火刑(火あぶり)に同じ。
死骸はそのまま3日間さらした後、非人が刑場の片隅に打ち捨てるため、弔いもなにもカラスや野犬などが処理することで終わり‥。
(実際にはあまりにも無残ということで、刑吏が火をつける前に絞殺したり、胸に杭を打ち込んだりして殺害することもあったようです)

磔(はりつけ)】

死刑の中で庶民が喰らった最も重い刑罰。
人を板や柱などに縛りつけ、槍などを用いて殺す公開処刑の刑罰のこと。
磔刑(たっけい)。
過去において世界各国でも行われてきました。あのイエスが受けた十字架刑もこれですね。

ここでは実際の具体的な流れについてはエグイので省略しますが、簡単にいうと、公開の場において槍で左右から受刑者を串刺しに貫くというものです。

受刑者はたいてい出血多量か外傷性ショックで2・3回目の貫通で絶命ながらも、これを20~30回ほど繰り返します。

最後に長い熊手で罪人の髷をつかんで顔を上に向かせ、槍を右から左上にかけて受刑者の喉に刺し通す(これを「止めの槍」という)。死体はその後3日間放置状態で晒された後、非人が穴に放り込んで片付けた。あとは、烏や野犬が処理した。(Wikipedia)

鋸挽(のこぎりびき)

江戸時代の6種類の死刑の中で最も重い刑罰。悪質かつ計画的な主人殺し、親殺しに適用されていました。

地面に罪人の首だけ出すかたちで埋め、3日間(2晩)見せ物として晒し、首の左右に竹と鉄の鋸を立てかけておいて、通行人など希望者にノコギリを曳かせるというもの。

制度としては残ってはいるものの、ノコギリを曳きたがる人間などはおらず形式化。土中に首だけ出して埋められて2日間、市中引き回しで磔に処すというのが通例となったそうです。

しかし、元禄時代に実際に罪人の横に置かれたノコギリをホントに曳くものが現れたため、慌てた幕府はその後、監視の役人を置くことにしたそうな。(笑)

市中引き回し(しちゅうひきまわし)

江戸時代に行われた刑罰で、死刑囚を馬に乗せて罪状を書いた「捨札」等と共に、刑場までさらし者として連行していく「見せしめ」制度のこと。「市中引廻し」とも。

死出の旅ということで「最期の望み」を叶えさせてあげたり、親族との別れを告げるようなことも出来たそうです。

この「市中引き回し」死罪」以上の死刑判決を受けた罪人が受ける可能性がある付加刑罰であって、単独の刑罰ではありません。

死刑判決を受けたにも関わらず、更にそこへ付加刑罰として「市中引き回し」さえも、というこの「見せしめ」の感覚‥ものすごいですよね‥。


以上は江戸での処刑方法で、藩によってそれぞれ違う決まりもあったようです。

ただ、これだけバラエティーに富んだ死刑制度があった時代においてさえも、やはり人間は死刑に値する犯罪を犯すものなんですね。

となると、現在の死刑制度も犯罪抑止という観点からすると全然間違っているのかもしれませんね。

関連記事:

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です