wolf

ナノウォーターとは? 「電子波処理装置:TeO(テオ)」とは?

water

以前も「水」について記事を投稿したことがあります。

騙されてた・・?「水素水」のウソ、インチキを知ってショック・・

今回は、美肌やアンチエイジングにと何かと話題のナノウォーターについての効果・効能について調べてみました。

ナノウォーターとは??

ナノ「nano」「10億分の1」というのは分かります。

ウォーター「水」ですね。

となると、ナノウォーターってその分子量「10億分の1の水」ってこと??

とある宿泊施設のHPに、以下の謳い文句がありました。

先端技術のナノテクノロジーにより、水の分子をミクロの世界よりもさらに小さな10億分の1メートルという「ナノ」にすることにより、水の肌からの浸透を高め、保湿作用に優れた体にやさしいお水になります。

なんだそれ? 「水の分子量は18」でしょ? じゃないの? どういうこと?

“水の肌からの浸透を高め、保湿作用に優れた体にやさしいお水に なります”

ともあるのですが、浸透については以前くどくどと

【詳細】スッポンに含まれる栄養素は?【コラーゲン】(その1)

でも述べたように、皮膚に浸透するかしないかを見分ける基準としては「分子量500」。

そもそも「水の分子量は18」ですから、そのまんまでも簡単に皮膚の角質層を透過することができます。

お風呂やプールに浸かりすぎると指がふやけて「しわ」ができますね。

それが水が皮膚を通り抜けているなによりの証拠。

skin

一番外側の「角質層(角層)」に続いて「顆粒層(かりゅうそう)」・「有棘層(ゆうきょくそう)」・「基底層(きていそう)」、これらが「表皮」

水を吸った角質層は膨張するのですが、その下の細胞は膨張しません。

なので、膨張した角質層は行き場を失ってぶつかり合って「しわ」ができます。

保湿作用については、一切想像もつきません。

ナノテクノロジー「電子波処理装置:TeO(テオ)」とは??

上記、宿泊施設のHPに

お客様の健康とアンチエイジングを目指し、ナノテクノロジー「電子波処理装置:TeO(テオ)」による、もっとも高品位の水・お湯を全館で使っています。

とありましたので、調べてみました。

テクノ・オーシャン株式会社

http://www.tekuno-ocean.com/index.html

はじめは水のために生まれてきたTeO(テオ)シリーズですが、各種の研究と実験の結果、現在では水専用装置のほか、燃料専用装置(ガス、重油、灯油)、溶剤専用装置なども、省エネ実現のニューフェイスとしてご利用が広がっています。

とのことです。

“各種の研究と実験の結果”

についての記述はありませんでしたので、その詳細は不明です。

TeO(テオ)シリーズはナノレベルでの水や燃料などの分子振動により、さまざまな作用を発揮します。

“ナノレベルでの分子振動”

なるほど‥?

ん‥?

となると‥

先端技術のナノテクノロジーにより、水の分子をミクロの世界よりもさらに小さな10億分の1メートルという「ナノ」にすることにより、水の肌からの浸透を高め、保湿作用に優れた体にやさしいお水になります。

【水の分子を10億分の1メートルという「ナノ」にする】

これは明らかに間違いですね。

ナノウォーターとは保湿性+浸透性に優れた、まるで化粧水のようにしっとりとした仕上がりの「最高品質(AAAクラス)の水」です。

ともありますが、これも訂正しなければいけませんよね。


というか「なにそれ?」という疑問を一切持たずにナノウォーターって言葉を平気で使ってるんですよね、マスゴミどもが

その姿勢、これもまた訂正しなければいけませんよね。

関連記事:

Share on Facebook
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です