wolf

病人?強盗?? 外国人から見ると日本人のマスク姿は異様らしい

mask-2

海外では【マスク女子=汚女子】口が臭そうだし‥顔面、バイ菌だらけだし‥

の記事を書くにあたって調べていたところ、面白い話に行き当たったのでざっとご紹介。

日本人にとってはもはや馴染み深いものとなってしまっている「マスク」だけれど、それを着用した姿は外国人にとっては非常に異常な状態に映るらしいです。

以下、外国に住む日本人の「マスク女子」たちの経験談を参考にしながら‥。


「マスク着用=瀕死の病人」

日本においてはインフルエンザ予防、花粉症対策にと大忙しの「マスク」ですが、外国においてはマスクの着用は療用・工事用・清掃用限られていて、そうでないのに「マスク」をしている人は相当ヒドい病人だというイメージが欧米では一般的だそうです。

つまり外国にはそもそもマスクをする習慣そのものが無いのです。

なので、もしも街中に「マスク」をした人間がウロウロしていると、「空気を通じて感染するようなヤバい病気を持っているのでは‥?」と怪しまれたり、「強盗しようとしているのではないのか?」という不審者扱いだそうです。

日本の習慣を知っている人は「ウイルスをガード」という高評価もあるらしいものの、基本的には全く理解が出来ないことから「変わった人」ということでの変人扱いとなってしまいます。

根本的に「風邪にはマスク」という習慣も感覚もありません。

ならば、風邪を引いてるのに出勤となった時にはどうするのか?

その答えは「休む」。

仕事に対する姿勢もまったく異なっているようで‥。


それにしても、西欧で「マスク=強盗」ということは、日本での「ストッキング=強盗」と同じ感覚ってっことなわけで?

ストッキングをかぶった強盗もどきが街中にウロウロ・・??

笑えますねw

その他、「日本はそんなに排気ガスが多い国なのか‥?」などというのもあったりと、少なくとも見た目での好印象は一切無い状況です。

「マスク」をつけるのは是非とも、日本国内だけにしておきましょうね?


 

 

 

関連記事:

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です