wolf

オオカミってカッコいい! その魅力について!! オオカミの群れ【ウルフパック】

投稿日: カテゴリー

wolfpack

群れで生活するオオカミ【ウルフパック(wolf pack)】

オオカミは非常に社会性の高い動物で、社会的な群れ=パック(pack)を形成して生活しています。

オオカミの群れ=ウルフパック(wolf pack)は主に家族で構成されていて、群れそれぞれで縄張り(テリトリー)を持ち、その数はオスとメスのペアを中心とした最低で2頭、平均すると3~11頭、最も多くて42頭にもなったという記録もあります。

群れの大きさ・縄張りの広さは、入手できる獲物の量に影響される

これは実に単純明快。

つまりは、大きな獲物を狩ることが出来たり獲物が豊富なところでは、群れは大きくなることができ縄張りも小さくて済みますが、小さな獲物しか得られなかったり獲物が少ないところであれば、群れも小さくならざるを得ずその縄張りも広くなるということです。

オオカミの群れの縄張りの広さですが、実に100~1000平方キロメートルにも及びます。

すごい!!

(ちなみに普段よく見聞きする(分かりにくい)面積での例えの東京ドーム、これが4万6,755平方メートル、これを平方キロメートルに変換すると約0.05平方キロメートルです。)



群れには厳格な順位が存在する

オオカミの群れの中ではオス・メスともに厳格な順位制度があって、それぞれ最上位の個体から”アルファ(α)”・”ベータ(β)”と順に呼ばれ、最下位の個体は“オメガ”(ω)となります。
(アルファ・ベータはギリシア語。英語での”a”、”b”に相当。

α (アルファ) → a
β (ベータ) → b
γ (ガンマ) → g
δ (デルタ) → d
ε (イプシロン) → e


ο(オミクロン) → o (その1)


ω (オメガ) →o (その2)

実際のアルファベットの順とは全く異なるものの、ここでは省略‥)

最上位のアルファとなれるのは繁殖のペアであるオス・メスであり、子供を育てることができるのもこのアルファのペアだけです。

他の順位のメンバーも交尾して出産することはあるものの、子育てのため自由や食料が不足しているために大人になるまで世話するのは困難です。

普段はオオカミの群れの中での順位争いはあまり起こらず、それぞれが自らの順位に応じた行動をとることで争いを避け、常にこれを儀式的に確認し合うことでその社会性が維持されています。

しかしこの順位は不動のものではなく、順位が高くなければ繁殖できないことからも、繁殖期の前にはみな少しでもその順位を上げようと必死になって激しい順位争いが起こります。(仮に片方のアルファが死んでしまった場合にも、もう一方のアルファの地位には影響はなく、このアルファはすぐに他の配偶者を見つけようとするため順位争いが起こります)

こうしてペアとなった両名は常にそばに寄り添うようになって、その関係はとても仲睦まじいもので、例えば、オスが狩りで得たばかりの獲物をメスにプレゼントするというようなこともあります。

メスが妊娠すると、オスはけなげに仕留めた獲物をせっせと巣へと運び、そして子供が生まれて巣から出るようになると、群れの仲間たちも子育てに参加して、みんなで子供の面倒をみます。

生まれたこどもは生後1年も経てば大きさは大人と同じくらいになりますが、繁殖的に成熟するには2年ほどかかります。
その間、昨年生まれた群れに残っている兄姉が、弟妹の世話をすることもあります。

この生後1年間は子供にとっては天国。
相手が誰であれ、何をしたとしてもすべて許されます。
しかし‥‥



生後1年を過ぎると、群れの最下位のメンバーであるオメガとして加わることになり、順位にふさわしい行動をとることを強いられます。

このように成熟したオオカミは最下位の順位で群れに残るか、もしくは群れを出て自ら配偶者を見つけるのかの選択を迫られることになります。

大人になったオオカミ、特にメスの場合は群れに残って子育てを助けます。

一方、大抵のオスは群れから離れて新たな群れを形成します。
この過程で1匹だけになったオオカミを一匹狼と呼ぶわけです。カッコいい!!
(実際の生活は悲惨なものながら‥)


このように、オオカミの群れにはしっかりとした社会が築かれています。

社会という点において、我々もまた日々人間社会の中に暮らしているわけで。

ですが、オオカミの群れでの社会において、確かに最上位のアルファのペアは群れの中ではトップの存在であり、社会的に最高の自由を持ってはいるとはいうものの、人間的な意味としての「リーダー」ではありません

なぜなら、アルファが他のオオカミにあれこれ指示をすることはないので

アルファが持っている最高の自由というのは単純に、これからの行き先や群れとしての行動、それらのタイミングを選ぶなどの自由があるというだけです。

アルファが選んだ道、これに残りのすべてのオオカミが黙って従うのみ。

命が掛かっている弱肉強食の野生の社会での出来事です。

カッコ良すぎでしょ‥。オオカミって。


 

 

関連記事:

Share on Facebook
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です