wolf

納豆、オクラ、山芋など《ネバネバの正体は「ムチン」》その健康効果に迫る

投稿日: カテゴリー

nattou

「ネバネバな食品、もしくは食材といえば?」

こう聞かれたら、あなたは何と答えますか?

最初に思いつくのは納豆ではないでしょうか。もしかしたらオクラ かも?

料理の知識に関して疎いので知らなかったのですが、オクラって茹でて食べるんですね!?自分はそのまま生で輪切り納豆に混ぜたり、うどんに掛けたりしてました。

それはともかく、ネバネバの食品・食材は体にイイと言われていますよね?

でも、なぜ‥?

健康長寿の秘密はネバネバにあった?

世界一の長寿国として有名な日本、その秘密は和食(日本食)にありといわれています。

2013年12月にユネスコの世界無形文化遺産に登録された和食、でも一体その中の何が身体に良くて健康長寿の源となっているのか?

ここで再びの質問。

「外国では食べられない食品・食材で、体にイイものといえば?」

と聞かれた場合、答えはやはり納豆となるのではないでしょうか。

ネバネバの秘密は「ムチン」にあり

ネバネバ食材でまず思いつくのは納豆だとして、それ以外ではオクラ・山芋・なめこ・レンコン・メカブ・もずく・モロヘイヤ‥等々。

これら食材に共通して含まれている成分が「ムチン」という成分です。

ウナギや卵の白身もネバネバします。

「ムチン」が多く入っていればいるほどネバネバします。

この「ムチン」こそがネバネバ秘密、正体です。

ネバネバの正体「ムチン」とは?

ムチンは水溶性食物繊維(多糖類)とタンパク質が結合した成分で、高分子が絡み合うほどネバネバするものの、熱に弱いために加熱するとネバネバは少なくなります。

ムチンには血中コレステロール値を下げ血液をサラサラにする働きがあるため、動脈硬化、心筋梗塞、脳疾患などの生活習慣病を予防する役割を果たします。

また、そのネバネバにより食物の移動がゆるやかになることで血糖値の上昇が抑えられ、糖尿病の予防に有効だとされています。

さらにムチンは涙や鼻・喉の気管に多く含まれており、胃腸などの粘膜を覆う粘液の主成分もムチンであるため呼吸器や胃粘膜の粘膜保護作用として、ドライアイの予防、風邪の予防、胃炎や胃潰瘍の予防といった効果にも期待できます。

その他、タンパク質の分解を助ける効果もあるので無駄なく吸収、消化促進のためにも役立ち、ムチンを構成する水溶性食物繊維(多糖類)は腸内で善玉菌を増やすため、腸内環境を改善してくれます。

保湿作用も持っていてヒアルロン酸の10倍といわれる保水力があったりと、まさに八面六臂の大活躍です!

ネバネバ食材の栄養、その効能と効果について

納豆の効能・効果

他の食材に比べてムチンがケタ違いに多く含まれている納豆ですが、カルシウム、ビタミンB群、ビタミンEもが豊富に含まれているので、美白効果・美肌効果、便秘を解消の効果があります。

脂肪の吸収を抑える効果もあって脂質や糖質のエネルギー代謝がよくなり、ナットウキナーゼが血栓を強力に溶かしたり、血糖値を下げてくれます。

水溶性ペプチドがホルモンバランスを整えてくれるので特に、糖尿病体質を改善するのにも有効です。

また「大豆サポニン」が含まれていることで腹持ちを良くし、ダイエット効果にもつながります。

オクラの効能・効果

オクラのネバネバには、ガラクタンやアラベン、ペクチンなどの食物繊維が豊富なので整腸作用があり、便秘改善やコレステロールを減らしてくれます。

カルシウムも多く含まれており、骨の形成だけでなく、心を落ち着かせるためにも役立ちます。

また緑黄色野菜としての栄養価も高く、βカロテン、ビタミンK、ビタミンB1、ビタミンB2も多く含まれているため美容にも良い食材です。

山芋の効能・効果

山芋は、自然薯や大和芋、長芋などの総称です。
ムチンが腸内で糖質の吸収をゆるやかにし、血糖値の急激な上昇を抑えてくれるので糖尿病予防になります。

胃の粘膜を強くしてくれるため、胃炎や胃潰瘍の予防・改善、血中コレステロール値を低下させたり、また肝臓・腎臓の働きも助けてくれます。

滋養強壮にも良いので夏バテや疲れた時にお勧めの食材です。
ただし上述の通りムチンは熱には弱いので、すりおろしや千切りといった生での摂取でないとその効果は薄まります。

モロヘイヤの効能・効果

あの世界三大美女であるクレオパトラも好んで食していたと言われている野菜の帝王。食物繊維が多量に含まれているので、便秘解消やコレステロールを下げる効果があります。

野菜100gに含まれるカロチンの量が一番多く、ホウレンソウの4倍以上、ブロッコリーの19倍も含まれています。

その他、カルシウム・鉄分・ビタミンCも豊富であり、ガン予防にも良いと言われています。

メカブの効能・効果

豊富アルギン酸により、腸内にある余分な糖分やコレステロールを吸収・排出し、血糖の上昇を抑えてくれます。

ネバネバに含まれているフコイダンには免疫力を高める効果があり、これには強力な抗がん作用が認められていて花粉症にも有効だとされています。

食物繊維もまた腸内の不要なものに吸着して腸の働きを促進するため、便秘の解消には効果的です。

もずくの効能・効果

豊富に含まれているフコイダンが胃の中のピロリ菌の活動を妨げてくれるため、胃潰瘍や胃炎を防ぐ効果があります。

また、水溶性のアルギン酸も含まれていて、O-157を殺菌する働きもあります。


ただ長生きしたってしょうがない。健康でなければ意味がない。これが健康長寿

たしかにその秘密の一端が納豆を代表とする和食のネバネバに隠されているようでした。

ただ、個人的に納豆和食で感じたもう一つのキーワードは「発酵」。

納豆をはじめ味噌、しょう油、酢、みりん、日本酒などなどの発酵食品群。

こちらについても記事としてまとめたいと思っております。




 

関連記事:

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です