wolf

モンドセレクションってなに? インチキくさくない??

投稿日: カテゴリー

昨日もテレビを見ていた時、「モンドセレクション○○賞 受賞」を全面に押し出している商品のCMを目にしました。どんな商品だったのかは覚えてませんが(ビール?)、相変わらずだなぁ・・と思ったので記事にしてみることにしました。

ちなみに、”モンドセレクション”で検索してみると、楽天市場「25,719件」、Yahoo!ショッピング「1,092件」、Amazon「2,092件」でした。(2016年12月現在)

我々の感覚からすると《受賞》と聞くと、オリンピックでの金メダル等、技術や完成度を競い合い、しのぎを削りあってようやく勝ち取った貴重なものという印象だと思うのですが、そうだとするとこの受賞者の数、多すぎませんか? (後述)



モンドセレクションってどんな《賞》なの?

モンドセレクション(Monde Selection)とは、1961年独立団体としてベルギー首都・ブリュッセルに作られた政府系民間団体が行っている、食品・飲料・化粧品・ダイエット・健康などの、製品の技術的水準を審査する組織のことです。

「なんかよく分からないけどすごい賞らしい」と評判になったのは、サントリーが”プレミアムモルツ”のテレビCMなどで「3年連続モンドセレクション最高金賞受賞」と大きく打ち出してからとあったので調べました。

サントリー(株)の「ザ・プレミアム・モルツ」は、ビールの本場、欧州で開催された世界的な酒類・食品などのコンテスト、第46回「モンドセレクション(MONDE SELECTION、本部:ベルギー ブリュッセル)」において、2005年、2006年に続きビール部門※で最高金賞(GRAND GOLD MEDAL)を受賞しました。また、あわせて3年連続して金賞以上を受賞すると、初めて与えられる「インターナショナル ハイクオリティ トロフィー」も授与されます。
(サントリーHPより)

《賞》と言われて思いつくのは、上記にもあるようにコンテストだと思います。

コンテスト【contest】
作品の出来ばえや技術・容姿などを競う催し。競技会。コンクール。

コンクール【concours】
〔競争の意〕 芸術を奨励するために行う,作品の優劣を競う催し。競技会。(コトバンクより)

ですが、実際のモンドセレクションでの選定は「コンクールスタイル」を用いたものではありません

モンドセレクションでの《受賞》というのは、組織が(勝手に)定めた技術水準を満たしている商品に対して全てに与えられる”独自の”《認証》です。

????????????????????????????????????



では、その《受賞》=《認証》の判定基準は?

審査判定の基準の詳細については “非公表” です。

「味覚」「衛生」「パッケージに記載されている成分などが正しいか」「原材料」「消費者への情報提供」等の項目だといわれている、のだそうです。
その詳細は受賞した企業にも一切知らされない、とのことです。

100点満点の90点以上で優秀品質最高金賞(グランドゴールドメダル)
80点以上で優秀品質金賞(ゴールドメダル)
70点以上で優秀品質銀賞(シルバーメダル)
60点以上で優秀品質銅賞(ブロンズメダル)

最高金賞・金賞・銀賞・銅賞とくると、オリンピックの金メダルのような印象で、各部門において優秀な1品だけに与えられているように思ってしまうかもしれませんが、「最高金賞」であっても受賞するのは1点だけではありません
組織の判定基準を満たしていれば、いくつもの商品が同時に《受賞》できます

《受賞》を獲得するための参加費用は?

その審査料は1製品につき1,100ユーロ(2016年12月現在で、13万円ほど)、3製品以上ならば3製品目からは1製品につき1,000ユーロの割引価格が適用される、となってます。

国際的には知名度は低くてほぼ無名、でも日本では誰もが知っているモンドセレクション、審査対象品の5割が日本からの出品で(日本製品の高品質が認められて)その8割が入賞しているという状況だそうです。

《受賞》することのメリットは?

モンドセレクションHPに「受賞のメリットのページ」によると、

まず第一に、消費者への品質の保証となります。モンドセレクションの優秀品質ラベルまたはメダルは、非常に多くの、そして時には予想していなかった付加価値を製品に与えてくれます。

  • セクターでの存在感の発揮
  • 国内外市場においての販売促進ツール
  • 製品の独立した品質管理
  • 社員の誇り
  • 商談における確固たる論拠

「まず第一に、消費者への品質の保証となります」って・・。

あのねえ・・。

まず第一に、その “品質の保証を証明するための判定基準” をまったく語ってないでしょうに・・。


《結論 : モンドセレクションとは?》

『 馬鹿にならない参加費用を徴収、その選考基準は非公開、(謎の基準を満たしてさえいれば青天井に)国際的にはほぼ無名な受賞を乱発している組織 』

????????????????????????????????????


冒頭で「この受賞者の数、多すぎませんか?」と書きましたが、 実際に数多くの商品がモンドセレクションを受賞しているんですよね。
日本の製品がそれだけ優れているとの証と考えれば誇らしいことなのですが。

ただ今後、モンドセレクションを受賞商品がどんどん市場にあふれかえった場合、その価値も下がってしまうでしょうね。(実際、9月の時点での各インターネットショッピングでのモンドセレクションの検索結果からすると、減ってます)

最後にこちらを・・
モンドセレクションを受賞した商品は、絶対に購入してはいけない

以上です。


関連記事:

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です