wolf

栄養の塊「スッポンの効果・効用・効能とは?」を調べてみた

投稿日: カテゴリー

スッポンの効果・効用・効能とは?

スッポンには、どれほどの「効果・効用・効能」があるのだろうか?

(1)浄血作用・・・血液サラサラ

血液の粘度が増すにつれ、動脈硬化や心臓病、高血圧などの成人病のリスクも高まるのはよく知られたところ。 健康的な血液を保ち続けるために、体中で肝臓、腎臓が解毒や濾過の役目を果たしている。 この肝臓、腎臓の働きに重要な栄養素というのが「良質のたんぱく質」であり、スッポンにはこれが豊富に含まれる。

(2)スッポンは精力を増す

男性の精子をつくるのに大切なのは、鉄・リン・亜鉛。 スッポンには、これらが豊富に含まれている。

(3)スッポンは高血圧、低血圧にも良

スッポンには(1) 浄血作用があるので、血液の流れをスムーズにする働きで血圧を低下させる。 また、正常化作用により血圧の低い人も代謝が高まり、血圧が正常に。

(4)スッポンの各部の薬効

部位 効能
甲羅 下熱、肝臓病、肺結核、産後の下熱、閉経や月経過多の正常化
脱肛、産後の子宮下垂、陰部、陰茎のデキモノ
貧血、過労や肺結核による発熱を下げる、慢性の下痢、月経過多、腰痛、血液の正常化
脂肪 強壮剤
顔面神経麻痺、結核、産後の発熱、脱肛
虚弱体質、小児の下痢、慢性下痢

(有限会社アドニスジャパンHPより)



  「医食同源」?「薬食同源」?

普段よく耳にし一般的に使われているのは「医食同源」
意味はそのまま読めば『医薬(医療)』と『食事』の根源は同じということになるけど、なんだか《医薬・医療と食事の源が同じ》って言われてもピンと来なかったので調べてみた。

「医食同源」ですが、元々は「薬食同源」という中国薬膳料理の考え方を説明した言葉だったのに、日本に伝来した際に意味を間違って解釈されて近年新たに作られた<造語>だそうです。

この造語である「医食同源」が日本から中国へと逆輸出され、現在は中国でも使われるようになっているそうで、ただ中国での「医食同源」は《病気で悪くなっている部分と同じ部分を食べると治る》(『肝臓を食べたら肝臓に効く・心臓を食べたら心臓に効く』など)という漢方の考え方にもとづいて使用されているらしい。



「薬食同源」は、食べることは薬を飲むことと同じというもので、食べ物が全て薬となり、日常の食事によって体や心の衰えを補って健康を維持するということを指していて、人々の健康は”食べ物という薬”によって維持されている、という考え方。

漢方では、これを食養生(しょくようじょう)と呼ぶそうで、食べ物はそれぞれ異なる性質を持っているので体や心への作用もそれぞれ違う、病気まではいかないがなんとなく体調がすぐれない状態(「未病」の状態)のうちに、《薬》である《食べ物》の力で体を正常な状態に戻して本格的な病気への進行を防ぐともされている。

「医食同源」「薬食同源」も、その意味からするとどっちもどっち? 似かよっているようにも思うものの、四字熟語の表現としては”食べ物は薬”【薬=食】の「薬食同源」の方が優れていると感じるなあ。

以上です。


関連記事:

Share on Facebook
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です