wolf

IPPONグランプリのチェアマン・ダウンタウン松本人志は邪魔

先日、IPPONグランプリが放送されました。

毎回見ていて思うのですが、常に割り込んで来るチェアマン・ダウンタウン松本人志のコメントが非常に邪魔で迷惑で不愉快です。
回答に対するチェアマン・ダウンタウン松本人志のくだらない実況やら解釈やら感想やらを聞かされ押しつけられるのには、もうんざりです。

「これは行ったね」→IPPONならず→「あ、そうですか」
って流れも非常に多くて、これって要するにもはやセンスがないってことでしょ。
「僕は好きですけどね」
って、知るか、そんなもん。



加えて、チェアマン・ダウンタウン松本人志自身の回答のコーナーがありますが、これまで面白かった試しがありません。
いつも一人で笑って、いつものようにイエスマンの幼なじみの高須光聖が笑って、先輩の渾身のネタを否定するわけにはいかないので後輩芸人も仕方なく笑うというお決まりのパターン。
なんだこれ。



本来は視聴者の自由選択による副音声をそのまま表に垂れ流している状態。
そのせいで現場に参加している感、つまりライブ感が全く失われ、的外れだらけのチェアマン・ダウンタウン松本人志の隣に座らされて見させられている感。
ホントに不愉快です。

大喜利でいうならば「笑点」なんぞは論外として、やはり「着信御礼!ケータイ大喜利」が最強でしょうね。(これも結局は、千原ジュニアのセンスを板尾創路が判断してるに過ぎないんだけど・・)

ということで、解決策。
1.5倍速で流し見すれば、チェアマン・ダウンタウン松本人志のウザいコメントが相当軽減されます。
それこそライブ感も何もあったもんではないですが、少なくともストレスは溜まりませんよ?

というより何より、松本人志チェアマンの完全なる副音声行きを希望します。

関連記事:

Share on Facebook
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です