wolf

テレビマンに捧ぐ。何故テレビが面白くなくなったのか? その4

投稿日: カテゴリー

最凶・・!! ティーザー・CMまたぎ 関連

「ティーザー」というのは、英語の「tease」=「じらす」からきている用語です。
せっかくの番組の流れを突然途中でぶった切って、次の場面をモザイクで隠したりしつつ、「答えはこの後すぐ!」とか「続きはCMの後で!」など、制作者が我に従え!!がごとくにやりたい放題、好き勝手にやってるアレのことです。

こんな脳みそを一切使う必要の無い「ティーザー」=「じらし」の番組作りに対して、視聴者が「あ~いいところなのにぃ~!」だの「も~続きが気になるわぁ~!」だのという反応を示すことを、本気で期待して制作しているのでしょうか?
となればもう、視聴者をアホ扱いするにもほどがあります
もはや正気の沙汰ではありませんね。



CM終了後、ここでまた2つの問題が生じます。

・「もう見たよ・・」というCM前のオーバーラップシーンからの開始
・「続きはCMの後で」「この後すぐ」の“ウソ”

前者、何故すでに見たシーンを敢えて繰り返すのか?

恐らくは、たった今チャンネルをセットした人の取り込みが目的なのでしょう。
あの「19:00」かっきりではなく「18:57」などから番組開始とするようになった姑息な手段の延長として。(もしくは「編集してたら尺が足りなくなった・・もう時間ない・・」というバカボンレベルのレレレな制作者もいるのかも?w)

元々見たいと思って最初からここまでチャンネルを合わせてくれた人への配慮は?
「見たいと思ってんだから、どうせオチまで気になって見るだろ」ってことですか?

後者、これについては非常に由々しき事態で、今や普通のニュース番組でも平気で「NEXT」という形で使用されています。しかもただの文字としての「NEXT」だけの”ウソ“ではなく、メインキャスターがちゃんと次のニュースとしてネタふりした上での”ウソ“です。
生活のためにヘラヘラ媚びを売って視聴率やら好感度を気にして日々”ウソ“をばらまいているアナウンサー・キャスターグループ、番組に大いに期待し、そのための時間も費やし、結果、いつも裏切られ続けている視聴者というこの構図・・。



詐欺罪(さぎざい)とは、人を欺いて財物を交付させたり、財産上不法の利益を得たりする(例えば無銭飲食や無銭宿泊を行う、無賃乗車するなど、本来有償で受ける待遇やサービスを不法に受けること)行為、または他人にこれを得させる行為を内容とする犯罪のこと。刑法246条に規定されている。未遂も罰せられる(250条)。wikipedia

まあ日本では具体的に立証するのは難しいのは承知ながらも、”類似行為”であることは明白なのではないでしょうか。

というか、こういった疑問を持たせる番組を作っている制作者に対し、直接携わっているMCやキャスター、毎日毎日、ホントに何とも思わずに平気で過ごしているんでしょうか?
まあ・・生活があるから・・ね。

テレビマンに捧ぐ。何故テレビが面白くなくなったのか? その1へ
テレビマンに捧ぐ。何故テレビが面白くなくなったのか? その2 へ
テレビマンに捧ぐ。何故テレビが面白くなくなったのか? その3 へ
テレビマンに捧ぐ。何故テレビが面白くなくなったのか? その5-その1 へ
テレビマンに捧ぐ。何故テレビが面白くなくなったのか? その5-その2 へ



 

関連記事:

Share on Facebook
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です