wolf

楽して簡単に本当の防災リュック・非常用バッグを用意する方法-その1

2011年(平成23年) 3月11日午後2時46分、東日本大震災が発生しました。

当日、私は神奈川県にて就業中で、あまりの揺れに皆で表に飛び出した際に見た電柱がグルグルという異様な動き、はっきりと覚えてます。
帰宅してみると棚から物が飛び出しあちこちメチャクチャ、特にテレビがもろに放り出されていて、音声は出るけれども映像は流れない状態。こんな日にネットでこちょこちょ情報収集している場合ではないので、そのまま直ちに大型量販店に向かい、店内のディスプレイに流れている各地の悲惨な状況のニュースを横目に見ながら、即、購入でした。
当時デジタル放送への切り替えで「いつにするかなぁ・・」と悩んでいた時期だったのですが、強制的にデジタル化させられました。



実際の防災リュック・非常用バッグの中身とは?

例えば、首相官邸の防災のページを見てみると

非常用持ち出しバッグの内容の例(人数分用意しましょう)
・飲料水
・食料品(カップめん、缶詰、ビスケット、チョコレートなど)
・貴重品(預金通帳、印鑑、現金、健康保険証など)
・救急用品(ばんそうこう、包帯、消毒液、常備薬など)
・ヘルメット、防災ずきん
・マスク
・軍手
・懐中電灯
・衣類
・下着
・毛布、タオル
・携帯ラジオ、予備電池
・携帯電話の充電器
・使い捨てカイロ
・ウェットティッシュ
・洗面用具
・携帯トイレ
※乳児のいるご家庭は、ミルク・紙おむつ・ほ乳びんなども用意しておきましょう。

とあります。
首相官邸の情報ですから、とりあえずこれを基本とします。


次に、総務省消防庁のサイトでは以下のようになっています。

防災グッズの紹介
非常持ち出し袋には、最低これだけは必要です。

sack

印かん、現金、救急箱、貯金通帳、懐中電灯、ライター、缶切り、ロウソク、ナイフ、衣類、手袋、ほ乳びん、インスタントラーメン、毛布、ラジオ、食品、ヘルメット、防災ずきん、電池、水

基本に設定した首相官邸推奨の非常用持ち出しバッグの中に無いものをピックアップしてみると、「ライター・缶切り・ロウソク・ナイフ」となります。

足りていなかったので、入れましょう。



続いて、NHKの「防災グッズリスト(非常持ち出し袋に入れておくもの)」は以下の通りです。

goods_alllist01

足りないものは「ロープ・ヘッドライト・ポリ袋(大・中・小、各50枚程度)・歩きやすい運動靴・LEDランタン・カセットコンロ カセットボンベ(15~20本)」です。

全部詰め込みましょう。運動靴も、カセットコンロもボンベを15~20本も。


こんなことを繰り返していて、本当に“まともな”防災リュック・非常用持ち出しバッグが用意できるでしょうか?

また、バッグそのものの用意を筆頭に、上記のリストに従って単品で一つ一つ揃えていく手間と労力、加えてその費用を考えると結構な負担になると思います。

もっと簡単に楽して完璧な防災リュック・非常用バッグを準備しませんか?

楽して簡単に本当の防災リュック・非常用バッグを用意する方法-その2へ

楽して簡単に本当の防災リュック・非常用バッグを用意する方法-その3へ



 

関連記事:

Share on Facebook
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です