wolf

ケータイ自撮り、救急車の中で患者と2ショットで逮捕

投稿日: カテゴリー

マチュピチュの崖から落下して死亡したりとか、電車の上に寝転がってポーズを決めようと脚を上げたら電線に触れて感電したりとか、世界中で過熱する一方のケータイによる自撮りですが、一人でやって一人で完結するならともかく、こういうのは勘弁してもらいたいですね・・。

アメリカ、フロリダ州オカルーサ郡の保安官事務所は7月23日、自ら手当てした患者を背景にしてゲーム感覚で自撮りバトルを行っていた男女の救急救命士2人を逮捕しました。

救急車の後部で搬送中の患者24~86歳の計41人との写真を撮ってお互いにメールを送り合っており、のみならず、他の救急隊員にも送りFacebookにも載せていたそうです。

写真を撮られた人の中にはチューブが体に挿入されている人や、意識不明の人との写真も含まれていて、41人中の2人は搬送された病院で亡くなっています。

この行為は8カ月ほど繰り返されていたそうで、男子救命士は、意識不明の重症患者のまぶたを開いたり、高齢女性の胸をさらけ出したりした写真も撮っていました。

結果として、この写真やビデオを受け取っていた他のスタッフの告発で発覚、2人は暴行や業務妨害、守秘義務違反などの罪に問われており、女は解雇、男は辞職となりました。

そういえば日本でも似たようなことがありましたね。
転んでけがをした女性を救急車で搬送したときに、20代の娘さんから緊急連絡先として携帯電話番号を聞き出し、メールやLINEで付きまとって「消防士と合コンしますか」までエスカレートした40代の妻子持ち男。
今、どんな生活を送っているんでしょうか。

世界中のどこにでも“常識の通じない馬鹿者”がいますねぇ。
ひとまずは第三者として客観的に見られていますが、身内が巻き込まれることを考えるとたまったもんじゃありません。

まさか・・アメリカの事件・・まだ表に出ないだけで日本でもすでに起こっていたりして・・?

関連記事:

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です