wolf

Win10 入力中、英語の大文字しか出てこなくなって困ってる・・

投稿日: カテゴリー

さっきまでは普通に、ひらがな入力でも英数入力でもちゃんと「英語の小文字」だったのに・・いつの間にやら全て「英語の大文字」で始まるように”勝手に変更”されていて超不便・・どうやって元に戻すんだ・・という人、いますか?

今、貴方のキーボード、「CapsLock」が掛かった状態になっています。

もはやイラッときてる人もいるかもしれませんので、先に解決方法を。
「CapsLock」を解除しましょう。

《「Shift」を押しながら、「CapsLock」を押す》

これだけです。



「Caps」=「Capital letters」。大文字のことです。
それを「Lock」するということで「CapsLock」。

“勝手に変更”されてしまったそのちょっと前のキー操作、思い出してみてください。

「!」「”」「#」「$」「%」などを打ち込みませんでしたか?

これらの打ち込みは「shift + 1 (2,3,4,5)」で行いますが、そのとき無意識に「CapsLock」を一緒に押してしまっているんです。

自分自身も昔はこの”勝手に変更”されるという事象に直面し、その都度「どうやるんだっけ?」とイライラしながら繰り返し解決方法を求めたものです。

以降、慣れてからは打ってる途中に「あ・・今もしかして? やっぱり」ですぐさま対処できるようになりましたが、なかなか結構、時間が掛かりました。

「普通 大文字を打ちたいなら「Shift」押したまま例えば「a」とかで「A」でしょ?そもそも、なんでこの「CapsLock」はあるんだろ?」と思って調べたことがあったのも思い出しました。

CapsLockキーはタイプライターの時代にShiftキーと共に誕生[要出典]し、タイトルやトップページ等の大文字が長く続く部分をタイピスト(タイプライターを打つ専門の職業)が入力する際に、手動でShiftキーを押し続ける労力を省くために登場した。
http://ja.wikipedia.org/wiki/CapsLock%E3%82%AD%E3%83%BC



そんなわけで、当時、個人的には「CapsLock」を使うことはほぼ100パーセントないので、なんかいい方法はないものか・・と探していたところ、見つけました。

「CapsLock」機能そのものを禁止、指定時間で「CapsLock」を無効化できる「CapsUnlocker」というソフトです。

興味のある方は「Win10 超便利なおすすめフリーソフトの紹介 その5【CapsUnlocker】」へ。

以上です。

関連記事:

Share on Facebook
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です