wolf

【Google AdSense】《実録》その申請から通過まで

投稿日: カテゴリー

私、OSをWin8.1からWin10へ更新(2016/06/21)して一ヶ月。

いい機会だからということで、このブログをはじめたのが7月のあたま。HTML・CSSについてはそれ関連の仕事をしていたこともあって割と詳しいものの、WordPressを使うのは今回初めてで今もなお四苦八苦の状態・・。
ましてや《Google AdSense》などとくれば、もう完璧に、ど素人でした。

そんな私ですが本日、無事、2次審査を通過しました。

色々検索していると、なかなか審査を通過できない、という人がたくさんいるようなので、あくまでも私自身の経験としての《申請~通過までの流れ》を書いておきます。
何らかの参考になるといいな、と思います。



ブログ作成~一次審査通過までの流れ

最初に言っておかなければならないこと、実は、別にたいしたことはしてないんです。

繰り返しながら、2016年6月21日にWin10導入、ブログを作ることにしたので一応一週間ほどあれこれ勉強、はじめて記事を投稿したのが2016年7月1日です。
以降はただ単に、新たな記事を作成していっただけです。これまた一週間ほど。

そして記事が10個ほど貯まった頃に、申請しました。が、音沙汰は無し・・。

また一週間が過ぎた頃・・「申請したよね・・? 」という思いがよぎったので、AdSenseのページにログインしようとすると「審査中」という表示が・・。(その間も記事は書き続けてます)
ホントにそうなの・・? こんなの機械的な受け答えなんじゃないの・・?と疑いつつ・・。

10日を過ぎた頃に、複数のアカウントを持っているのでややこしくなっていたこともあって、今一度、確定の状況で申請してみました。
するとその日のうちにあっさり一次審査通過のメールが。2016年7月18日。

いよいよ鬼門の(とされる?)二次審査へ

一次審査を通過するとその旨のメールが届きます。
「仮の広告生成コード(無表示)を発行してやるので、まずはそれを君のサイトに貼りたまえ。話はそれからだ」と。

なので、早速その日に貼りました。2016年7月18日。(ここにおいても記事作成、継続中)
(当方の改造しまくりの環境のせいで「空白の広告しか表示されません」とか「その分のスペースが開きます」「alt+Aで確認しろ」などという検索結果に惑わされつつ・・←同様のお悩みを持っている方、ソースを表示して確認すれば、一発解消です)

で、その3日後の本日、二次審査通過のメールが届きました。

結局、二次審査をあっさり通過できた理由とは?

AdSenseについての勉強中、「一次審査を通過するためには?」とか「「二次審査の突破方法!!」などという、いわゆる虎の巻、Google関係者でもない人間がエラそうに語っているサイトを多数目にしましたが、こんなもんは【一切無視】しました。

「審査用のブログ作成」「記事は1000文字以上」「画像は貼らずテキストオンリー」「外部リンク禁止」「シェアボタンは外す」「コメント欄は削除」等々。

はぁ・・?何を上から目線でエラそうに・・その根拠って何なの? という程度にしか捉えておらず、コヤツらのいう全く逆を行って、愚直にとにかく《記事を作り続けることだけ》を考えました。

何故か。
HPの作成において少しでもSEO(Search Engine Optimization = 検索エンジン最適化)について知識のある人なら分かると思いますが、Googleが求めているものは、

「ユーザーのためになる優良なサイトを作っている人の努力を正しく評価する」

だからです。

稚拙な文章でもいい、汚い画像でもOK、貴方が作ったそのサイトを見て楽しんでくれる人に対して、どれほどの気持ちを込めているかをGooleは見ているということです。

これを、このブログがちゃんと証明してくれましたね (? ) (笑)

「審査用のブログ」がどうだのという小手先のテクニックを用いて上手くGoogleをだまして審査を通過できたって輩なんぞは、いずれどこかで淘汰されるでしょう。
ネット情報なんかに踊らされまくりで、そもそも親であるGoogleの意向というものを全く無視(もしくは無知)、理解しようともしてないんだから。



注意点

AdSenseの《コンテンツポリシーにおける「禁止コンテンツ」》は厳守です。
1ページに3広告までというような基本的な制約にも気をつけましょう。
加えて、設置した広告を”自分で”クリックするようなズルもいけません。もし間違ってクリックしてしまった場合は、いちいちグーグルに連絡する必要はありません(←公式見解)

“自分で”ということならIPを変えれば?とか、友人やら業者に頼めば?とかいう邪悪な心が生まれてくるのも分かりますが、Googleといえば2兆5800億円という売り上げを誇るバケモノ企業です。貴方の小手先の不正行為、見抜けないと思いますか? 微々たる利益を稼ぐために、ケンカを売るに相応しい相手でしょうか?

とりあえず、以上です。(続く・・)



 

関連記事:

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です