wolf

【キャンプ】全てが整った状況なんてキャンプじゃない!!という貴方へ・水難事故

投稿日: カテゴリー

電気もあって、水道設備も整い、下手すりゃそばに売店まであるキャンプ場って・・。
こんなのキャンプじゃない、単なるアトラクション施設だ、と思う貴方。

何にもない大自然の中に飛び込んで、不自由、不潔、(多少の)危険、これら全てを受け入れるってのが本来のキャンプ、と思っている貴方。

“あの事故”のことはご存じでしょうか。
あれからもう17年、《歴史は繰り返す》といいますので、書いてみます。



キャンプでの死亡事故、キーワードは「雨」「増水」

“あの事故”というのは、1999年8月14日、神奈川県足柄上郡山北町で起こった「玄倉川水難事故」のことです。(当時、貴方は何歳でしたか?)

「キャンプ」で検索すると、楽しそうなにぎやな検索結果ばかりですが、
「キャンプ 事故」では様相は一転、暗黒のネタで埋め尽くされます。

17年も前の出来事なのに、何故これほどまでに人々の記憶に残っているのか・・。
その理由も含めて「玄倉川水難事故」については検索結果の方が詳しいですし、動画も紹介されていますのでそちらを見て頂くとして、ここではこの事故を引き起こしたそもそもの原因である【無知】、「雨」と「増水」について述べたいと思います。

中州 = 川の底

実は上記の事故の際、遭難してしまったグループ以外にも中州でキャンプをしていた人たちがいました。でも、売店店員や地元住民、ダム職員等の増水の危険・避難勧告に素直に従って高台に上がったため、助かりました。
が、だいたい、中州などでテントを張り、酒を飲んでバーベキューというような異様な感覚を持っている点においては遭難者たちとまったくの同類、【無知】という点においてはイコールだと思われます。
今回はたまたま偶然、幸いにも助かっただけだと考えておいた方が良いです。

中州というのは、そもそも川底の土砂等が堆積して形成された場所 = 川の底に沈む場所なのです。大前提として。そのような場所でのキャンプというのは常識的にありえません。

足下に転がっている石の大きさを見るだけで、これくらいのものが流されてくるほどの水流があるんだな程度は簡単に予想できますし、加えて、それらの石にはコケも生えていない、周りを見ると雑草も生えていない、となると、それらが生育する間もないほど頻繁に川の底にある場所なのでは?という推測も成り立ちます。

ともかく、《中州 = 川の底》 です。



では、どれほどの水量なのか

中州が川底に沈んだ場合、どれくらいまで「増水」するのか?
これについては、周りに目をやってください。両岸に。
先ほども書きましたが、植物、どれくらいの高さまで生えていますか?
片側の崖、どれくらいまでえぐられていますか?
最悪、そこまでの深さにはなります。

水流との兼ね合いもありますが、膝を基準としてその上下の「増水」となると、もはや歩けません。うまく判断してください。

中州の天気は晴れだから大丈夫?

中州というのは川の中流域にあります。下流域では三角州です。
今その中州の中流域では晴れているとして、仮に上流域の天気が大荒れだった場合はどうなるでしょう?
当然、「雨」として降った水は下流に向かって流れて来ますね。
よって、中流域以下は(その規模の大小はともかく)、洪水を起こします。
いわゆる鉄砲水といわれるのがこれですが、いままで足首程度の水量だったものが、なんの前触れもなく、いきなり膝上あたりまで来るのに何秒くらい掛かると思いますか?
《10数秒》です。というか、でした。(実際の外国の”川流れ”事故の動画でカウントしましたので。当ブログはある基準として「家族が安心して閲覧できる内容」を目指しておりますので、その証明のためのエグい動画のURLは掲載出来ません・・残念です)

《10数秒》・・貴方は逃げられますか・・?
中州にいて、テントを張っていて、バーベキューをしていて、せっかく買ったテント、高かったBBQ用品・・一瞬のうちに全てを投げ出す判断を下して、逃げられますか・・?

救出・捜索費用

上記「玄倉川」の事故に掛かった費用は、山北町が負担した額が4800万円、神奈川県警察が要した費用が1億円(同じ日に別件の水難事故1件の人件費含む)です。

この件においては、これらの費用はすべて公費負担されましたが、下手をすれば遺族へ請求がくるかもしれませんので、ますます注意が必要です。(この費用、17年経っても未だに生き残った人たちに毎年、というか常に「早く返済しろ?」ですし、プラスして、当時幼い子供で助かった女の子、成長してブログでこの件に関してポエムっぽく語ったことでまたもや大炎上という悪循環となっているのが現状です・・)

こうなると、もはや【無知】=【罪】です。
ならば、こんな話でも、知っておいて損はないはずです。

以上です。



 

関連記事:

Facebook にシェア
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です