wolf

水難事故・水の事故 泳げる人が溺れて溺死? -その1-

投稿日: カテゴリー

夏になると必ず報道されるのが、川、海、プール等での水の事故。

現在は溺れたときには「背浮きしたままで救助を待つ」というのが常識になっていますが、実際にやってみるとこれが意外に難しい。衣類を身につけたままだと普段の感覚とはまるで違っていて、身動き一つ取るにしてもなかなか思うようにはいきません。クツが浮いてしまって、顔を沈まされるような感覚にもなったりします。

わざとやってみてもこうなのですから、不慮の事故等でいきなり水中に放り込まれるとなれば、ケガをしている場合もあるでしょうし、きっと焦るだろうなと思います。ましてや泳げない人がと想像すると、パニックに陥り、もがき、更に水を飲み、体力を消耗し・・という最悪の結果への一連の流れが容易に思い浮かびます。



鼻から水が入ると、泳げる人も危険「錐体内出血」

子供の頃、プールに飛び込んで鼻から水を飲んでしまってツーンとしたり、時には耳までキーンと痛いということがあったことを思い出します。実はこの状態、非常に危険だったようです。

平衡感覚をつかさどっている器官「三半規管」は耳の一番奥の内耳にあって「錐体」という骨に取り囲まれており、リンパという液体が流れています。頭が傾くと三半規管の中にあるリンパが流れ、その動いた方向や速さを認識する仕組みになっています。

水に飛び込んだ瞬間、呼吸のタイミングを間違えて等、泳ぎが得意な人が鼻から水を吸い込んでしまった場合、その水が耳管(耳と鼻をつなぐ管。気圧の変化で違和感を感じてツバを飲み込んだりアクビをしたりして、いわゆる”耳抜き”をするあそこ)という細いパイプに入ってしまって管をふさぎ、水の栓ができてしまいます。

その後のゲホゲホやったりオエオエやったりハアハアやったりすることで、その栓が耳管の中でピストン運動を始めることになり、その気圧の変化によって錐体の中の毛細血管がバリバリと剥がされて出血を起こすことになります。
これが「錐体内出血」です。


出血が起こってしまうと三半規管はうまく機能しなくなり、意識はあるまんまにどちらが上で下なのか、立っているのか宙吊りになっているのかも分からないくらいに平衡感覚が失われてしまいます。水の中で。
もはやこうなってしまうと泳ぎが上手か下手か、水泳選手のように普段からどれほど鍛えているかなども一切関係なく溺れてしまう、ということが理解できると思います。

錐体内出血そのものは、めまいが起こるだけで決して致命的なものではなく、意識がなくなるということもないそうです。(だからこそ余計に溺れる際には恐ろしい・・)
めまいはしばらく続くものの、1~2週間で出血は吸収されるので症状は徐々におさまるとのことですが、不安を感じるのであればやはり病院へ、というのが基本だと思います。

水の事故 泳げる人が溺れて溺死? -その2-」へ



 

関連記事:

Share on Facebook
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です